千葉県鴨川市で念願の「作業道」づくり

 千葉県鴨川市では自伐型林業チームがいよいよ「壊れない道」づくりを始めました。地味すぎて伝わらないでしょうけど、これが100年以上、地域住民がつかう道です。


 作業を始めたのは地元のNPO「うず」で、山守り隊メンバーの首藤さんが企画をしました。


 「やりたい」といってから1年半かかりましたが、思い続けることは重要ですね。


 うずのメンバーはこれから作業道敷設を進め、子供向けの山林教育のフィールドにもしたいという構想を持っています。がんばってください。