福井市ではじめて相談会を開催

 福井県福井市で8月10日、中嶋健造氏を講師に林業相談会を行いました。


 きっかけは、2月に開催された合宿で、参加した宮田香司さんが自分たちの地域では自伐型林業展開が可能かどうかを考えたいと思ってのことでした。

 当日の相談会には10名の方々が見えられました。これから林業をはじめようとする方やベテラン林業家、そして議員の方なども参加されました。

<宮田さんの感想>
「我が地区の山も見てもらいました。100年の森がある!奈良の吉野にも負けない山になるよと嬉しいお話も頂けた。残念ながら崩壊を起こすような林道整備にはガッカリされました(>_<)
 次世代につながる山の整備や管理が急務であること、そして自伐林業家を育成して行くことが大切だと再確認させて頂きました。100年前後の杉の木やケヤキなど広い林道整備をやってバッサリ切られてしまってもいる。
 地主がもっと山に目を向ける転換をしないいといけませんね。今年から自伐型林業を進め準備もしていますが、早期に知識や技術力アップに力を注ぎたいと思っています。
 そして山を持つ人、山仕事に興味を持つ方を福井でもドンドン発掘して森を再生し持続可能な里山づくりをしていきたいと感じています。山に人が入れば獣害被害も減り田畑も安心してつくれます。これからの展開がワクワクです」