僕も動き出そう!と、気持ちを新たにしました(新潟県上越市より)

6月23日~25日の3日間、徳島県那賀郡の橋本光治さんの元で自伐型林業を学ぶ合宿に参加してきました。


「自伐」とは、自分の山の木を自分で伐ること。この当たり前のことが、現在日本の林業ではごく稀なことになっています。


小規模でも自分で伐れば手元にお金が残ります。自分の好きなように山を管理できます。

農業以上に、林業は厳しいといわれる中、本来の林業の形である自伐型林業に魅力を感じ、新たに山に向かう若者が増えています。全国から集まった10~30代の熱い気持ちが結集して、とても充実した合宿になりました。


効率化や大規模化よりも、家族でやれることを突き詰めていく。その先に、本当に持続的な生業が立ち現れるように思います。

 

光治さんの奥さんの言葉が胸に残っています。
「小さいことでも、皆で信じてやれば強い。今は力ずくでやる時代じゃないですから」

 

全国で自伐型林業を実践する仲間に出会い、僕も動き出そう!と、気持ちを新たにしました。(鴫谷幸彦/FBより)