2015年

8月

13日

福井市ではじめて相談会を開催

 福井県福井市で8月10日、中嶋健造氏を講師に林業相談会を行いました。


 きっかけは、2月に開催された合宿で、参加した宮田香司さんが自分たちの地域では自伐型林業展開が可能かどうかを考えたいと思ってのことでした。

 当日の相談会には10名の方々が見えられました。これから林業をはじめようとする方やベテラン林業家、そして議員の方なども参加されました。

<宮田さんの感想>
「我が地区の山も見てもらいました。100年の森がある!奈良の吉野にも負けない山になるよと嬉しいお話も頂けた。残念ながら崩壊を起こすような林道整備にはガッカリされました(>_<)
 次世代につながる山の整備や管理が急務であること、そして自伐林業家を育成して行くことが大切だと再確認させて頂きました。100年前後の杉の木やケヤキなど広い林道整備をやってバッサリ切られてしまってもいる。
 地主がもっと山に目を向ける転換をしないいといけませんね。今年から自伐型林業を進め準備もしていますが、早期に知識や技術力アップに力を注ぎたいと思っています。
 そして山を持つ人、山仕事に興味を持つ方を福井でもドンドン発掘して森を再生し持続可能な里山づくりをしていきたいと感じています。山に人が入れば獣害被害も減り田畑も安心してつくれます。これからの展開がワクワクです」

0 コメント

2015年

4月

10日

「この山に作業道をどうつけるか?」4月26日(日)午後〜高知県佐川町で踏査講習

山に作業道をつけてみると、「本当に同じ山?」と疑ってしまうほどに山の姿がかわってきます。

 

最近では、この作業道の重要性に気づいた人たちが、道をつけた山を視察しに来る機会が増えているようです。

 

しかし、地元に帰っていざ実際にやろうと思うと、「この山にどうやって道をつけるの?」と途方に暮れることは必至です。

 

今回は、「先祖の山守り隊」のメンバーの中ではベテラン(といっても3年目ですが)の谷岡さんの3ヘクタールの山に、徳島県から橋本光治さんをお呼びして、「踏査(とうさ)」を行います。踏査というのは、ルートの選定で、道のない山に入ってどこに道をつけるかテープでマーキングいていく重要な作業です。

 

谷岡さんによると、おそらく600メートルの道で、作業時間は3〜4時間の予定です。興味のある方は自由参加になりますが、特に集合場所などもありません。地図には出てこない山の中なので、初めての方は事務局まで連絡ください。


その夜は橋本先生を囲んで、佐川の町のどこかの店で食事をする予定です。

 

【時間】4月26日(日)13時半ごろからを予定

【場所】谷岡宏一さんの山(佐川町)

※場所の目安は、桑田山温泉(〒785-0045 高知県須崎市桑田山乙1122)です。

【問い合わせ】上垣(080−4347−8985)

0 コメント

2015年

4月

10日

4月14日(火)に高知県三原村で橋本先生による作業道講習が開催されます

4月14日(火)に、高知県三原村で作業道講習が行われます。講師は徳島県の橋本光治先生です。


興味のある方ぜひ参加してみてはいかがでしょう?三原村でも自伐林業のグループが活動し始めているようです!

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

27日

今月も開催!10月14日に第二回「 地域の山を活かそう! こわれない道づくり講習会」

先月に引き続き、橋本光治さんを呼んだ道づくり講習会を開催します。みなさんの参加をお待ちしてます!

 

 

  * * * * *

 
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

25日

いよいよ作業道づくりをスタート!移住する若手が活躍できる自伐型林業

2日間の道づくりを終え、笑顔みを浮かべるメンバーたち
2日間の道づくりを終え、笑顔みを浮かべるメンバーたち

 9月7〜8日、先祖の山守り隊のメンバーで「もとやま森援隊」(高知県本山町)で活動する面々が、「こわれない道づくり講習会」を開催しました。県内外から9人の人が参加し、山に入り木を伐倒しながら、バックホーを使った作業道づくりを学びました。

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

28日

9月7日「 地域の山を活かそう! こわれない道づくり講習会」を高知県本山町で開催!

高知県本山町のメンバー、川端と野尻らが活動する「もとやま森援隊」で、道づくり講習会を開催します。
 
講師はもちろん、徳島県の自伐林家である橋本光治さんです。
続きを読む 0 コメント

2014年

6月

30日

「信じることのできるもの」が目の前にあることのありがたさ(高知県本山町より)

徳島県那賀郡の橋本光治氏の山をフィールドに行われた、自伐林業を学ぶ合宿に参加。

 

この合宿はトヨタ財団の「地域間連携」の助成プログラムで実現したもので、「里山へ還る・先祖の山守り隊」のメンバーを中心に全国から参加者が集まった。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

28日

あこがれにしてはいけない。これは目指すべきところで、私はこれからそれに取り組む(千葉県鴨川市より)

 6/23〜25まで、徳島県に自伐型林業の道作りの視察研修に行ってきました。自伐林家の世界では知らない人はいないといってもいい、橋本林業さんの山を見せてもらいました。


 「こんな山を目指したい!これが目指すべき山だ!」というのが今の印象です。

 

 橋本林業さんは、100ヘクタールの山林に道幅2・3メートル、長さにして30キロメートルの道を入れています。これが何を意味するかと言うと、伐りたいときに木を選んで伐ることができるということです。


 当たり前と思うかもしれませんが、これは現在の大規模林業ではほぼあり得ない状況です。林業も、農業同様大規模に、高性能の機械を使用して行うものになっており、木を選んで伐るというよりは、伐りたい木まで、邪魔になる木を伐りながら進む!というような状況になっています。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

27日

僕も動き出そう!と、気持ちを新たにしました(新潟県上越市より)

6月23日~25日の3日間、徳島県那賀郡の橋本光治さんの元で自伐型林業を学ぶ合宿に参加してきました。


「自伐」とは、自分の山の木を自分で伐ること。この当たり前のことが、現在日本の林業ではごく稀なことになっています。


小規模でも自分で伐れば手元にお金が残ります。自分の好きなように山を管理できます。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

26日

ここにいた若者はみんなわくわく、山をまっすぐ見ています(高知県四万十市より)

23~25日にかけて徳島県の橋本林業へ全国の自伐林家を目指す若者が集結して合宿を行ってきました。橋本先生の山づくり、作業道の開設研修、それぞれの地域での取り組み報告など、充実した研修でした。日本の林業を変えてゆく若い人たちとの2日間。

だめだといわれている林業ですが、ここにいた若者はみんなわくわく、山をまっすぐ見ています。環境保全と収入を両立させる方法はあります。林業はだめ、と思う方は橋本先生の山とこれからの私たちを見てほしいです。

山のことを教えるより、人の道を教える橋本先生。「いい人に出会いなさいよ」という教えは、まず自分がいい人になりなさいよ、そうしたらいい人が来ますよ、ということ。いい人が作る山は、本当にいい山になるのだと橋本先生の山を見て感じました。(秋山梢/FBより)

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

25日

みんな夢と希望に満ち溢れている(高知県土佐清水市より)

真剣に林業を学び、これからの時代と地方にマッチした方法を展開すべく、北は岩手県、南は当方・土佐清水まで、18歳から60歳と年齢層も幅広く、全国各地から徳島の橋本光治先生の山に集まり、2泊3日の合宿が開かれました。


今回は、理念や技術はもとより、業としてやっていくための林業経営論にも大きくスポットを当ててもらい、短期から、中長期のビジョンまでしっかり踏まえての内容。

1000万円売り上げて、900万円支出し、100万円の利益を残す林業をするか、150万円売り上げ、50万円支出し、100万円の利益を残す林業をするか。

山に木が残り、次世代に伝えていく事の出来る林業、生物多様性の保てる林業、エネルギー自給の出来る林業、中山間地域で続けられる林業はどちらか。答えははっきりしています。

大規模な素材生産を行う林業ももちろん大事ですが、小規模に行う個人経営や、集落営林こそ、これからの時代にマッチしていくのではないかと思います。

その様な思いの人々が集まっての合宿、あっという間に終わりましたが、各地で新たな動きもあるとの事。何よりも、自分も含めてみんな夢と希望に満ち溢れているのが印象的です。

帰ってきてから、自分たちの山と、先生の山を比べてみたけど、自分たちの動き次第で、理想に近づけると確信してます。(浜口和也/FBより)

続きを読む 2 コメント

2014年

6月

25日

【徳島合宿】「良き人たちに出会いなさい」2泊3日橋本さんの山での合宿終了!

徳島県の自伐林業・橋本さんご一家を訪ね、林業や経営について学ぶ合宿が無事終了しました。

 

合宿には、全国でつながる「里山へ還る・先祖の山守り隊」のメンバー15名と、ぜひ参加したいという外部のメンバーもあわせて計22名が集結しました。年齢層は10〜60代の幅広いメンバーとなりました。

 

この合宿はトヨタ財団の「地域間連携」の助成プログラムで実現したもので、全国各地で道作りをはじめ自伐(じばつ)型林業に取り組む、または取り組もうとしている人たちとつながり、学び合いの場をもとうとするプロジェクトです(プロジェクト名:全国の小規模林業活動の地域間連携と次世代型の中山間地域の暮らしづくり─里山に次世代の森人を)。

 

「良き人たちに出会いなさい」という橋本光治さんの言葉。この合宿を機に、メンバーとつながりながら、それぞれの地で自伐型林業に取り組んでいきたいと思います。(副代表・上垣)

 

<メンバーの感想>

■「信じることのできるもの」が目の前にあることのありがたさ(高知県本山町より)
http://bit.ly/TIiXrO

■あこがれにしてはいけない。これは目指すべきところで、私はこれからそれに取り組む(千葉県鴨川市より)
http://bit.ly/TIiUfP

■僕も動き出そう!と、気持ちを新たにしました(新潟県上越市より)
http://bit.ly/1lDHK6M

■ここにいた若者はみんなわくわく、山をまっすぐ見ています(高知県四万十市より)
http://bit.ly/1lDHJjr

■みんな夢と希望に満ち溢れている(高知県土佐清水市より)
http://bit.ly/1pPI4Dt

 

>過去のブログ

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

19日

6月23日から徳島で合宿開催

6月23日から2泊3日で、徳島県の自伐林家・橋本さんご一家を訪ねる合宿を開催します。

 

この合宿はトヨタ財団の「地域間連携」 の助成プログラムで実現したもので、全国各地で道作りをはじめ自伐(じばつ)型林業に取り組む、または取り組もうとしている人たちとつながり、学び合いの 場をもとうとするプロジェクトの一貫です(プロジェクト名:全国の小規模林業活動の地域間連携と次世代型の中山間地域の暮らしづくり─里山に次世代の森人を)。

0 コメント

2014年

5月

22日

【5.21 四万十3日目】「山づくりは道づくりから」先祖の山守り隊みんなで作業道づくり

<3日目/5月21日>


8:30山着
バックホーを使っての作業。前回作った道で、角度が急でバックホーが曲がりにくいヘアピンカーブが3カ所あり、そこを直します。

まず、障害となっている木を伐倒し、根っこをバックホーで掘っていきます。操作方法を教えてもらいながら、平井、上垣、西岡とバックホーに乗って掘削します。アームを伸ばしつつ、ショベルを手前に曲げて掘り、かきだした土を脇にためます。

根っこは、四方に伸び、根深く、初心者には取り除くには時間がかかりました。先生や秋山さんに手伝ってもらって、なんとか根っこが取れると、それを作業道の端に埋めていく作業をします。強度を保つ役割があるそうです。土をかぶせたら、ショベルをつかって填圧して、均していきます。最後にキャタピラーも使ってプレスしていきます。

橋本先生のバックホーの使い方は、豪快でありつつ、繊細。掘削スピードは、初心者の私達の4倍ほどですが、ミミズを発見したとき、ショベルでやさしくすくって端にどけ、殺してしまわないように気遣うほどでした。

私達初心者が練習もしたので、この作業に一カ所に1時間半くらいかかりました。

16時終了(撮影:越智貴雄)

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

21日

【5.20 四万十2日目】「ここに道をつけてくれ、と山に書いてあるやろ?」橋本先生の道作り講習

<5月20日/2日目>


8:30山着。先祖の山守り隊のメンバーの一人で高知県西部の土佐清水市に住む浜口和也さんをはじめ、橋本先生が来訪する話を聞きつけた若者たちが各地から集まりました。今日は道作りとバックホー(※)を使っての道の修復作業です。

400メートルの道を作るため、シダが生い茂る道なき道をかき分けていきます。まず、橋本先生はテープを渡し、「秋山さん、自分が思うように歩いてルートを決めなさい。あとで正解を教えます」と指示しました。秋山さんは、迷いながらも「この木。この木」と木に目印のテープをかけていきます。テープをかけた木は、道幅の中心となる位置の木です。

終わると先生のチェックがはじまります。「ここに立って、よく山をみてごらんなさい。ここに道をつけてくれ、と山に書いてあるやろう?これではカーブがカクンカクンと、滑らかなカーブが描けません。この木ではなく、あの木やろね」
約40メートルごとにこれを繰り返していきます。本当にここに道ができるのかというような急斜面もありました。こうして山林に一から作業道をつけていく方法を目の当たりにしました。

先祖の山守り隊副代表の上垣が伐倒に初挑戦しました。初めてながら、思っていた方向に倒すことができ、さらに綺麗な切り口だと褒められました。伐倒した木は3メートルごとに切りました。建築用材として使われる「A材」だそうです。

雨のため13時で終了(撮影:越智貴雄)

※バックホーとは、ショベルを外側に取り付けた建設機械。ユンボともいう

0 コメント

2014年

5月

20日

【5.19 四万十1日目】「夏は観光、冬は林業」シマント流自伐型林業の現場で出張講習

5月19〜22日、先祖の山守り隊のメンバーでもある、高知県四万十市の「シマントモリモリ団」の活動場所の山を見学&実習をしました。


活動場所:高知県四万十市 
参加人数:5人 平井明日菜(先祖の山守り隊・代表)、上垣喜寛(副代表)、西岡千史(先祖の山守り隊)、宮崎聖(シマントモリモリ団・団長)、秋山梢(副団長)
講師:橋本光治(徳島県/橋本林業)


およそ7ヘクタールのヒノキの山で、「シマントモリモリ団」は間伐と作業道づくりを中心に活動しています。昨年、橋本先生の指導のもと、400メートル弱の作業道を作りました。今年は新たに500メートルつけるため、前回と同様、橋本先生を招いて作業道の作り方の指導と前回作った道で悪いところがないかチェックを行いました。

 

<5月19日/1日目>
チェックのやり方としては、作業道を一緒に歩き「このヘアピンカーブの角度は急すぎる。バックホーが簡単に回れるよう、もっとゆるやかな弧を描くように作りなさい」「あの木は、道の邪魔になるから切っていい」「道の角度がきついので、ここをバックホーで削って、削った土はここに盛るように」というような感じで、瞬時に問題点とその対策を教えてくれます。

実際に指摘された場所を修復するのは翌日にしようということになり、この日は間伐のやり方を、チェーンソー初心者の山守り隊メンバーが教えてもらいました。

まず、チェーンソーのスイッチの入れ方、エンジンの掛け方、玉切りの方法を学びました。腰を落とし、エンジンをふかすと、木に吸い付くように刃が入っていきます。最後は少し勢いを緩めることがポイントとのこと。チェーンソーの刃が地面について、石などに当たると石が跳ね返り危険だということです。また、熟練した使い手になると、エンジンをふかせすぎることなく、素早く切ることができるそうです。「使い手の良いか悪いかは、エンジンの音ですぐ分かる」と橋本先生はいいます。

チェーンソーでの玉切りが終わると、伐倒作業に入ります。まず、宮崎さんと秋山さんがお手本を見せてくれました。倒す方向を決めます。そして、「受け口」という切り込みを、倒す方向に作ります。30〜45度の角度の切り込みになるよう受け口を作ったら、反対側から「追い口」という切り込みを入れます。くさびを追い口に差し込み、ハンマーでくさびを深く入れていくと、メキメキという音とともに倒れました。みごと狙った角度に木を倒すことに成功した宮崎さん。間伐なとでは、密集している場所が多いため、伐倒のときに他の木を傷つけないように、狙ったところに倒す技術が必要になります。「思ったとおりの場所に倒れると楽しいです」。

17時には山を下り、四万十川でカヌーの実演。「カヌーと林業と関係ないのでは?」というのは大間違い。宮﨑さんや秋山さんは、夏はカヌーのインストラクター、冬は林業という兼業スタイルをとっています。先祖の山守り隊メンバーは、林業(冬)&観光業(夏)という通年サイクルを、この一日で見させてもらいました。(撮影:越智貴雄)

続きを読む 1 コメント